見る

球泉洞

球泉洞

所/球磨村大字大瀬1122-1
営/8:30~17:00 休み/なし
球泉洞ホームページ http://www.kyusendo.jp
球泉洞お問い合わせ先 info@kyusendo.jp
TEL 0966-32-0080

球磨村村内のマップはこちら
   http://go-kuma.com/map/

3 億年の白然の芸術品が眠る
九州最大の鍾乳洞

3 億年前海底にあった石灰岩層が隆起してできたと推測され、美しい石柱や石笥など、長い年月が生み出した芸術品を間近に見ることができます。
一般観光向けコースと探検コースがあり、探検コースはスリル満点!

ライトの付いたヘルメットと長靴を借りて、地底250 メートルに挑戦できます。
球泉洞に隣接する多目的広場「森の香房」には、売店やレストラン、休憩、スペースがあります。
道内へ続くトンネルでは、年間を通して美しいイルミネーションを楽しめます。

■料金/大人 1,050円、中学生735円、小学生630円、幼児(3 才以上) 525円
※探検コースは、プラス630円

第二球磨川橋梁

時代を超えて列車を支える、明治生まれのトラス橋第二球磨川橋梁(那良口〜渡)は舶来品で、1906(明治39)年にアメリカンブリッジ社が製造した貴重な構造物です。ピン結合方式のトラス橋で、トランケート(切り詰め)式と呼ばれ、川に対して60度の傾斜がついています。

一勝地駅

明治41年、肥隠線が開業したと同時に営業開始。現在の駅舎は大正3年に建築され、駅の入口、待ち合い所、ホームへの出口にかけて当時の木造建築が残っています。

松谷棚田

日本棚田百選の一つとして、平成11年に農林水産大臣より認定されました。
その美しい景観はまさに、美しい日本の原風景といえます。稲の苗の緑、揺れる稲穂、霧の中に現れる様など、四季折々の美しさに魅了されます。
平成27年からは棚田オーナー制度も始まり、この美しい風景を後世に受け継いでいくための活動がされています。

鬼ノロ棚田

美しい農村風景の広がる鬼ノロ棚田は、日本棚田百選のひとつに選ばれました。
一勝地温泉かわせみの先にある高台から眺めると、美しい棚田の全景を見ることができます。

神瀬石灰洞窟(国指定名勝)

★平成27年3月に国指定名勝となりました!

国指定 名勝 肥後領内名勝地(ひごりょうないめいしょうち) 神ノ瀬ノ岩屋(こうのせのいわや)

中世期初期の石灰岩でできて間口 45メートル、高さ 7メートル、奥行 70メートル。天井には多数の鍾乳石があり、洞窟内にはイワツバメが年中生息しています。江戸時代の医者で旅行家の橘南谿(たちばななんけい)が書いた『西遊記』にもこの洞窟が紹介され、ツバメを捕らえると災害や疫病が流行すると信じられていたそうです。橘南谿の他にも、勤王家として有名な高山彦九郎も訪れています。

熊野座神社

神瀬の石灰洞窟の中に鎮座する熊野座神社は縁結びにご利益あり。伊邪那美命(いざなぎのみこと)、速玉男命(はやたまをのみこと)、泉事解男命(よもつことさかのおのみこと)の3神を祀ります。
恋愛成就・縁結びのパワースポットです。

長命水

石灰洞窟ヘ向かう参道の入口付近にある湧き水。熊本県名水百選にも選ばれ、神様の水と伝えられています。

一勝地阿蘇神社

大岡山807) 年創建。一勝地の願掛け巡りには欠かせないスポット。一勝地駅の入場券や焼酎を持ってお参りすると、ご利益も2倍、3倍になるとか。

柴立姫神社

”しばがみさん”との呼び名で親しまれ、子宝、安産、婦人病、腰から下の病に霊験があるとされます。

柴神さん祭り

旧暦3月4日に行われる一勝地地区に祭られている柴立姫神社の大祭。参拝者には、地元の地区の皆さんによるお神酒やお茶、赤飯のおにぎりなどのふるまいがあります。

清正公岩

熊本城主加藤清正が大軍を率いて、人吉を攻めようとした際に、この岩の上から球磨川の上流を見渡しましたが、あまりに険しい山と道、球磨川の激流を目の当たりにし、「攻めても仕方がない」と引き返したと伝えられています。
頂上には、清正公を祀る祠があります。

権現の滝

球磨川槍倒しの瀬の下流、国道219号線の下、石灰岩の絶壁の中にある全長250メートルの大瀬鍾乳洞横穴付近にあります。対岸から見ると、槍倒しの瀬や、コウモリ橋との美しい景観を見ることができます。

坂口の滝

いくつもの鍾乳洞から湧き出る清水を集めて流れる中園川の神瀬坂口集落近くにあります。3 つの滝が連続しているので「三段轟」 とも呼ばれます。また鮎がこの滝を登れなかったことから「鮎帰りの滝」ともいわれています.

メガロドンの化石群

メガロドンは2億年前から1億8千年前の海底に住んでいたと考えられている厚歯二枚貝です。このメガロドンの化石が日本で発見されたのは珍しく、三畳紀の地層から発見されたのは国内初といわれています。熊本県指定天然記念物。

毎床地区

三ケ浦毎床地区は梨の花でも知られています。山腹の集落を取り囲むように広がる梨園は、4月になると梨の開花期を迎え、白い花で一面が彩られます。その美しい景観は、平成11年に豊かな村づくり表彰事業」による農林水産大臣賞を受賞しました。